So-net無料ブログ作成

撮影ボックス [ハンドメイド]

ハンドメイドの作品を撮影するのに最適な条件。
リビングにあるテーブルの上で、午前11時頃(光の入る角度)、
カーテン越しの日差し(明るさ)です。
が、梅雨に入り、毎日どんよりとした曇り空。完成した作品の撮影ができず...

自分なりにレフ版もどきを作ったり、他の撮影場所を探したりしましたが、
満足できる撮影はできませんでした。

そこで、撮影用ボックスを購入してみました。3280円。
  • 20190705_4.jpg
届いてびっくり。かなり雑な仕様でした。
背景スクリーンは4色もついていたけど、どれも折れ曲がってしわしわ。
影を無くしたくて購入したボックスですが、しわが映り込むという残念な状態。
なんとかしわを隠して撮影すると、こんな感じ。色や雰囲気はかなり実物に近い。
20190705.jpg
そこで、これまで撮影時に使っていたべニア板の背景をカットして、ボックスにはめ込んで撮影。
影は無くなり、これまで通りの背景で、安定的に撮影できそう。
20190705_2.jpg
が、ここでいきなりLEDライトが点滅し始めて、点灯しなくなりました...ショック[あせあせ(飛び散る汗)]
大変残念ですが、不良品ということで返品しました。安いのはそれなりなんだと痛感。
でも、べニアをカットするのに購入したダイソーのカッター式のこぎりは、安くてもいい仕事をしてくれました!

撮影ボックスを使うと、とてもきれいに撮れることがわかりました。
さて、もうワンランク上の撮影ボックスに手を出すか...悩むところです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感